トレンドや内容

ファイルを手にする女医

現在ではアンチエイジングがブームとなっていますが、簡単にアンチエイジングが出来るとして美容外科等での施術を利用する人が増加しています。 アンチエイジング治療としては、フェイスリフトやヒアルロン酸注射など色々な方法があります。 しかし、術後のトラブルも増加傾向にあります。例えば2014年には品川美容外科でフェイスリフトを行った人達が、術後に痛みや脱毛などの後遺症が残った等として集団訴訟を起こしています。 品川美容外科の集団訴訟はこれで3例目となりますが、その他のクリニック等でも最近では術後のトラブルが起こっているのは事実です。 ただこの訴訟問題という事実だけが美容外科の良し悪しを決めるわけではなく、その他にもポジティブな意見はたくさんあります。ここは両方の意見を見てしっかり見極める目を持つことが大切なのです。

美容外科と言うと整形手術のイメージが強いですが、最近ではアンチエイジング治療や脱毛、脂肪吸引など幅広い治療を行っているところが多くなっています。 品川美容外科で訴訟問題にまで発展したフェイスリフトも、アンチエイジング治療としては代表的な治療の一つで、多くのクリニックで行われています。 フェイスリフトとは、皮膚を引き上げて顔のたるみやしわを解消する方法で、引き上げた際に余った皮膚を切り取ることもあります。 現在では品川美容外科を始め、多くの美容クリニックがホームページを作成し、色々な宣伝をしていますが、クリニックを選ぶ際はインフォームド・コンセプトがしっかりした信頼できる医師を選ぶことが何より重要となります。